園長あいさつ

本園は昭和41年4月に開園し、今年で43年目を迎えました。

園の教育目標は
1.明るくのびのびした子ども
2.自分のことは自分でできる子ども
3.誰とでも仲良くできる子ども
4.健康でたくましい子ども  です。

たくましく心豊かな子どもたちの育成を目指し、日々の保育を実践しています。

子どもたち一人ひとりの可能性や持ち味を大切に、幼稚園の役割を十分に踏まえ、幼児期にふさわしい環境を構成し、保護者や地域の方々との連携、協力を図りながら、信頼される幼稚園作りを目指し、充実した保育ができるよう日々研鑽を重ねています。

幼稚園で身につく力〜遊びの中の学び〜

幼児はいろいろな遊びを通してさらにたくさんのことを学び、身につけていきます。豊かな遊びが幼稚園教育の基本です。

1.健康な心と体
○体力の向上・・・園庭などで、おもいっきり走り回って遊んだりすることで体力がつく。
○基本的な生活習慣・・・食事の前に手を洗うなど、ふだんの生活に必要なことができるようになる。
2.自立心・人とかかわる力
○自立心・・・身のまわりのことを自分でやろうとしたり、自分で考えて行動したりする。
○社会性・道徳性・・・よいことや悪いことの区別、他者への思いやり、きまりを守ろうとする気持ちをもつ。
3.思考力の基礎
○思考力の基礎・・・遊びのなかで、考えたりためしたり工夫したりすることで、思考力が伸びる。
○数への興味・・・遊びのなかで物や人を数えるなどして数などに興味を持つ。
4.言葉の獲得
○話す力・・・友達や先生とコミュニケーションを楽しみ、しだいに相手にわかるように話す。
○聞く力・・・友達との関係が深まるにつれて相手の話に関心を持ち、相手の話を理解しようとする。
5.表現力
○感性・・・自然などに触れるなかで、感性が豊かになる。
○表現・・・ごっこ遊び、リズム遊び、絵をかくことなどをとおして、感じたことを自由に表現する。

新芽画像

滑川幼稚園長 持田 光子